将来必要となるであろう補償を受けるために加入する保険

車の補償

車種やハイブリッド車などによっても変わってくる車両保険

都会にいれば電車ですむかもしれませんが、地方にいけばいくほど車は必需品です。高校を卒業して地元で就職するとなると途端に車が必要となります。新車を購入予定であれば車両保険は必要です。軽でも新車となれば100万前後はします。若葉マークは事故にあいやすいので普通の自動車保険に1万円余分に払うだけで全損になる事故を起こした場合でも保険金で新しい自動車を買えることを考えればお得な保険といえます。現在は経年数によっても、ハイブリッド車であるかないか、エコカーであるかないかによっても車両保険の掛け金はかわってくるようです。車両保険をつけなくてもいいと考える場合はどのような場合でしょうか。車両は動産なので経年による価値が下がります。もう乗り潰すといった場合は車両保険はあまり必要ないかもしれません。

しっかり数社から見積もりをとることが大切

車両保険はどこの保険会社も同じだと考える人がいるようですが、それは違います。現在の自動車保険を扱う保険会社はぐっと増えましたが、得意としている分野とそうでない分野があります。例えば土日しか運転しないから年間走行距離が5000キロもいかない人をターゲットにした自動車保険があります。この場合、保険料がぐっと抑えられますが車両保険はそれほどでもないようです。それに対し年間走行距離が2万キロを超えるようですと保険料はどこの保険会社もそう差はなくなってきます。しかし付随するサービスが違います。通販型ですとネットで見積もりをとり申し込みが可能というメリットがあります。その変わり事故をおこした際も電話して担当者と何度も電話連絡する必要がでてきます。販売代理店型ですと、担当者とやりとりをしてオプションなど話し合ったり面倒と感じるかもしれません。しかし事故を起こした場合、電話するとすぐ駆けつけてくれて心強かったりします。

Copyright (c) 2015 将来必要となるであろう補償を受けるために加入する保険 all reserved.