将来必要となるであろう補償を受けるために加入する保険

組み合わせの重要性

保障はすべて保険にするとどうなるか

人生では生きているとさまざまなリスクがあります。病気になってしまるリスク、死んでしまうリスク、けがをしてしまう、他人に損害を与えてしまう、老後の生活や介護状態になることでの生存リスクなどさまざまなリスクがあります。リスクという言葉は、危険という意味で日常使われていますが保険でいうリスクとは、何々するかもしれないといった意味になります。将来もしかしたら寝たきりになるかもしれない、それがリスクです。保険見直しする際に、まずは身の回りにどんなリスクが存在するのかを書き出してみることです。そうするとリスクが多数出てきますが、それを何で準備していったらいいのかは保険見直しで相談することになります。すべて保険で賄うとなると終身保険の提案となってしまいます。

保険は保険で解決せず他の金融商品との組み合わせ

もし、すべてを保険で準備しようとなると収入のほとんどが保険料で消えていってしまいます。もし何かあった時の必要保障額を準備する場合は、まず国や勤めている会社の保障制度を確認します。社会保障で準備しても必要保障額には届かない場合、その差額分を民間の保険で準備するのです。もし死亡時に、終身保険で死亡保険金が死は払われると、積立ててきた返戻金は支払われないです。もし保険だけでなく貯蓄と分離しておけば、遺族には保険金と貯蓄が残るので効率的になります。保険見直しするとそれは、加入時点でまったく変わっていないことが多いです。生きていくにつれ遺族への必要保障額は右肩下がりになります。それと同時に資産形成をしていきます。保険見直しは保障はすべて保険で準備してはならないものと分かります。

Copyright (c) 2015 将来必要となるであろう補償を受けるために加入する保険 all reserved.