将来必要となるであろう補償を受けるために加入する保険

生命保険の注意点

一般家庭における生命保険の平均額はいくらか

日本において、生命保険は世帯加入率が90%を超え、「何かあった時のために…」と、一般の家庭にも、とても定着しているものであります。これは家計においてもかなりの割合を占めるものであって、周囲がどれほどの額をそれにかけているのかというのは、今後加入するものを決めるにあたって気になるものであります。 生命保険文化センターによると、だいたい、その家庭の月収の3%〜6%、男性だと2.1万円、女性だと1.5万円が平均額であり、それが目安であると言えます。 それに対し、死亡した場合、男性だと2043万円、女性だと944万円が平均して受け取ることが出来ます。このように、男女で保障額には差があり、女性が無くなった場合には公的な保障がされない、もしくは少ない場合もあるので、加入時にはその点にも気を付ける必要があります。

節税対策として一番良い契約方法

入院や通院などにかかる保険金には税金がかかりませんが、死亡した場合に下りるものには税金がかかってしまいます。この場合には3パターンがあり、契約者と被保険者との関係性で1「相続税」2「所得税」3「贈与税」とかかる税金の種類が変わってきます。 まず、契約者と被保険者が同じ場合は1のケースに当てはまります。節税対策として一番向いているのがこの場合で、相続財産として課税はされてしまいますが、相続税には優遇措置があり、比較的支払わなくてはいけない税金を少なくすることが出来ます。 次に、契約者と受取人が同じ場合、2のケースになります。この場合は、受け取った保険金と50万円を差し引いた額の50%に税金がかけられるので、節税対策としては、1のケースの次に有利です。 最も節税対策に向いていないのが3のケースで、保険金を一時金で受け取った場合がこのケースになります。このケースは契約者と受取人が異なる場合、に当てはまります。 このように、契約者・被保険者・受取人の組み合わせでかかる税金の額が変わってきます。以上のように、節税対策をしっかり行い、万が一の時、少しでも自分たちが損をしないようにしましょう。

Copyright (c) 2015 将来必要となるであろう補償を受けるために加入する保険 all reserved.